「仏壇の塗師として、この道40年」

姫路仏壇・塗師(浜屋株式会社) 川端 茂

姫路仏壇の伝統を受け継ぎながら

兵庫県伝統的工芸品にも指定されている姫路仏壇。
もともと播州地方は浄土真宗の普及により仏壇作りが盛んだったという背景があり、藩政時代に刀の鞘や駕篭、その他の武具などの製造や修理に携わる藩お抱えの塗師、指物師、木地師たちがそれぞれの技術を確立。

それらが幕末・明治の頃に仏壇・仏具の製作に活かされていったと伝えられている。

仏壇の製作工程を大まかに見れば、木地作りに始まり、宮殿、彫り、塗り、金箔押、錺金具、蒔絵、組立と続き、それぞれの分野で多くの職人が仕事に携わっている。

中でも姫路仏壇の特徴は、比較的大型で、純金箔押しや随所に蒔絵を施した豪華絢爛な造りにあり、格式のあるお宮殿(くうでん)造り、伝統的技法による漆塗りのほか、内外どちらにも開閉する無双障子などがあげられる。

今回取材した川端さんは、こうした姫路仏壇の伝統を守りながらも生活スタイルの変化や時代のニーズにマッチした仏壇作りを行っている浜屋株式会社の姫路工場で働く、この道40年の塗師さんである。

求められる器用さとセンスの良さ

川端さんはそもそも実家が仏壇屋さん。

それで余り深く考えることもなく、ごく当たり前のようにこの道に入ったそうで、「どちらかというと好きな仕事やったし、器用さや根気もいる。自分の性格に合うてると思った」とも話す。

昔ながらの職人さんらしく、言葉数の少ない川端さんに替わって、同席してくれた工場長の奥居幸明さんが「職人さんには指先の器用さとともに、センスの良さが求められる。それが川端さんにはあるんですよ」と語り、川端さんの指を差しながら「こういう指が太くて短く、爪が横長になっている手が職人さん向きなんですよ。一言で言うと不細工な手」と笑う。

聞けば奥居さんの父親も木地師、長く職人の世界を見てきた人だけに妙に説得力がある。

話が少し逸れたが、川端さんの仕事は、木地の上に下地加工し、その上に漆で下塗りし、梨地粉(金粉や錫の粉)を蒔き、中塗りをし、表面をペーパーで研ぎ、さらに上塗りし、呂色磨きと呼ばれる手による磨きを施すことで、温度や湿度によって乾き具合が大きく左右される漆を、いかにムラなく薄く塗っていくかが求められるのだという。

「ゴミがつかんようにする、刷毛(はけ)の筋が残らんようにするのが難しい」

頼りは長年の経験と勘。

塗る面が広いほど善し悪しが出てしまうそうで、「単純やけど、ごまかしがきかん」とも話すが、下塗り用、上塗り用など用途によって使い分ける刷毛の毛は若い女性の毛髪なのだそうで、脱色したりパーマをかけている女性の毛髪は刷毛筋が残るのでダメだともいう。

不思議といえば不思議である。

もう1つ難しいのは、梨地粉の蒔き方。

竹筒の容器の中に金の粉や錫の粉を入れ、断面に紗の布を被せ、糸目の隙間から粉を塗った漆の上に手で万遍なく、均等に落ちるように蒔いていくのだが、比重の重い金粉の場合、どさっと落ちてしまうことがあり、このあたりの手加減も難しいと言う。

端々にのぞく職人としての矜持

この道40年のベテランだが、川端さんは「まだまだ完璧にはいきません。本当に満足できるんは100のうち1つぐらい」と自らの仕事を語る。

職人は仕事がうまくできて当たり前。

だから「満足よりも、うまくでけへんかった時の悔しさの方が大きい」そうで、そこには職人仕事の奥の深さと職人ならではの仕事に対する矜持(きょうじ)がのぞく。

「でも、営業さんから『出来映えがええと、お客さんが喜んではったよ』と聞かされると、やはりうれしいし、この仕事をやっていて良かったと思います」とも話す川端さん。

本当に口は重いのだが訥々と語る言葉の1つ1つに深い味わいと重みがある。

ここに姫路の地場産業をしっかりと受け継ぐ一人の職人さんがいる。

少しうれしくなってくる出会いだった。

Copyright(C) 姫路発 職人と匠の技 All rights reserved.