じばさんオンラインショップ

じばさんオンラインショップ「はりまの宝蔵」取扱商品

姫路・西播磨の魅力がたっぷり詰まった伝統の逸品をお土産、ご贈答、記念品に是非お選び下さい。

じばさんコラム

こだまちえこ の 「宝探しはモーニングムーンに」  No.37

ハイ・サマー・イン・ドリーム

 「世代を超えたインスピレーション(和訳)」…それは、今夏に世界中の多くの人々へ、「真夏の夢」を届けてくれた第30回「ロンドンオリンピック」のスローガン。
 インスピレーションを直訳すると「閃き」だが、今大会には、「情熱」とか「感動」といったニュアンスも託されていたようだ。
 世代を超えた各国のアスリートの競演、そして「エリザベス女王二世」の開会宣言に始まって、閉会式には女王の代理として、若き「ヘンリー王子」が列席されたという采配は、とてもオシャレな演出だった。
 ロンドンといえば、欧米に私が初めて渡った(仕事で)スタートラインの地だ。
 連日連夜(日本とのサマータイム時差8時間)の熱戦をテレビで観ながら、英国の伝統と誇り、歴史的な建造物、芸術性の高さを思い出し懐かしさもこみあげてきた。
 睡眠不足と引き替えに、「感動の渦」を届けてくれた世紀の大会は、沢山の人々に好奇心の目覚めも抱かせたことだろう。
 ところで、先の「閃き」という用語だが、「門」の中に「人」が入っていることから、興味深くて以前から好きだった。
 でも「閃き」は、心身ともに疲れがたまると、才気あふれる人にも訪れないだろう。
 知恵を働かせ才能を発揮するには、「休養」と「栄養」「気分転換」が必要か。
 ときには、映画館に出向いて日常を忘れ、名画を鑑賞するのもいいだろう。
 先日「ミッドナイト・イン・パリ」という映画を観に行った(監督はウディ・アレン)。
 アカデミー賞とゴールデングローブ賞とで、最優秀脚本賞をW受賞しただけあって素直に魅せられた。
 パリへ休暇にきた主人公が、夜のパリをさまよっていると、午前0時に謎のお迎えがきて、文化と芸術が花開いた1920年代のパリへとタイムスリップできる物語。
 そこで、「ダリ」や「ピカソ」「ヘミングウェイ」他に出会うといったロマンチックコメディ。
 立秋を過ぎても、暑い今夏だからこそ、皆さまも、刺激的な夢をごらんのことか。
 例えば、〈書写の里・美術工芸館〉主催の「たそがれコンサート(8月25日・夜)」や、〈円教寺〉主催の「陶芸教室(8月25日・昼)」に出かけてみる。 すると、「ラストサムライ」たちに会えるかも(?)

〜 商いのエッセイスト 〜
  ドミナント代表

ハイ・サマー・イン・ドリーム.pdf

バックナンバー

公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター